糖尿病の経口薬の種類。糖尿病外来専門の山王内科クリニック。

糖尿病と経口薬

自分に合った薬とは?

 経口薬の種類には、以下のようなものがあります。

1. スルホニル尿素薬(SU)

 主にインスリンの分泌促進を介して、血糖の降下作用を発揮します。薬の種類は、アマリール、オイグルコン、ダオニール、グリミクロンなど。(注意点:低血糖、空腹感が高まり過食傾向になりやすく、体重増加をきたしやすい等)

スルホニル尿素薬(SU)

2. ビグアナイド薬(BG)

 肝臓での糖新生の抑制、消化管から糖吸収の抑制、末梢組織でのインスリン感受性の改善によって、血糖降下作用を発揮します。薬の種類は、メトグルコ、グリコラン、ジベトスB。(注意点:乳酸アシドーシスを起こすとがあり、ヨード造影剤使用時には注意)

ビグアナイド薬(BG)

3. α-グルコシダーゼ阻害薬(α-GI)

 糖の消化を抑制し吸収を遅らせ、食後の高血糖を抑制します。薬の種類は、ベイスン、グルコバイ、セイブル。(注意点:必ず食直前に服用。おならが出やすい、肝障害、腸閉塞に注意)

α-グルコシダーゼ阻害薬(α-GI)

4. インスリン抵抗性改善薬(チアゾリジン薬:TZD)

 インスリン抵抗性の改善を介して、血糖降下作用を発揮します。薬の種類は、アクトス。(注意点:浮腫、貧血、肝障害に注意)

インスリン抵抗性改善薬(チアゾリジン薬:TZD)

5. 速効型インスリン分泌促進薬(グリニド系薬)

 膵臓に作用してインスリン分泌を促進し、服用後、短時間で血糖降下作用を発揮します。薬の種類は、スターシス、グルファスト、ファスティック、シュアポスト。(注意点:必ず食直前に服用。低血糖に注意)

速効型インスリン分泌促進薬(グリニド系薬)

6. DPP4阻害薬

 血糖降下作用を持つ消化管ホルモン(インクレチン)の分解を阻害することにより、インクレチンの血中濃度を高め、血糖降酸下作用を発揮します。この薬の特徴は、血糖依存的にインスリン分泌を促進し、グルカゴン(血糖を上昇させるホルモン)分泌を抑制します。薬の種類は、1日1〜2回のジャヌビア、グラクティブ、テネリア、エクア、ネシーナ、スイニー、トラゼンタ。週1回のザファテック、マリゼブ。(注意点:SU剤との併用にて低血糖に注意)

DPP4阻害薬

7. SGLT2阻害薬

 腎臓(近位尿細管)でのブドウ糖の再吸収を抑制して、尿糖排泄を促進し、血糖値を下げる。体重低下が期待できる、心血管死や心不全も減らすと考えられています。薬の種類は、スーグラ、フォシーガ、ルセフィ、アプルウェイ、デベルザ、カナグル、ジャディアンス。(注意点:尿量が多くなるため脱水になりやすいので、水分摂取が必要! 膀胱炎、性器感染症や湿疹)

SGLT2阻害薬

8. 配合薬

 2のビグアナイド薬と4のチアゾリジン薬の配合剤・メタアクト。3と5の配合剤・グルベス。1と4の配合剤・ソニアス。4と6の配合剤リオベル。2と6の配合剤エクメット。(注意点:第一選択薬としては用いることができない)

9. GLP−1 受容体作動薬(注射薬)

 インクレチンホルモン(GLP-1)を注射することにより、血糖依存的にインスリンを分泌させ、グルカゴンという血糖上昇させるホルモンの分泌抑制をして血糖を低下させる。食欲抑制作用があり、体重を低下させる。1日1〜2回注射のビクトーザ、バイエッタ、リキスミア。週1回注射のビデュリオン、トルリシティ。(注意点:インスリンの代用はできない)

2種類以上の薬を服用するときは、同じグループ(同じ作用の薬)は併用しないこと。定期的に肝臓、腎臓のチェックが必要。

治療薬の作用部位

効いていた薬が効かなくなる?

 服用後しばらくは有効でも、投与中に効果がなくなる場合です。SU剤で膵臓がオーバーワークとなり、インスリン分泌が低下したためです。他剤を併用するか、インスリン療法に変更しなければなりません。(二次無効といいます)
早期にインスリン療法に変更した場合は、インスリン分泌機能が回復する場合があり、再度経口剤にもどすこともできます。

経口薬を処方するまでの治療の流れ

 下記項目の検査や診察を元にあなたのタイプを決定し、血糖コントロールの目標値を設定した上で、経口薬を処方していきます。

経口薬を処方するまでの治療の流れ

 HbA1cが目標値以下になるように薬を併用していきます。 一般的にはHbA1c7.0未満を目標値とします。年齢、合併症、生活環境等を参考にして、目標値やどの薬を使用するかを決定します。経口薬にて目標値まで改善しない場合はインスリン療法も考慮します。

糖尿病治療で大切な順番は?

  1. 低血糖を起こさない。
  2. 血糖の乱高下をさせない。
  3. HbA1cを目標値まで下げる。
  4. 体重を増やさない。
高齢者糖尿病の血糖コントロール目標(HbA1c値)

 治療目標は、年齢、罹病期間、低血糖の危険性、サポート体制などに加え、高齢者では認知機能や基本的ADL、手段的ADL、併存疾患なども考慮して個別に設定する。ただし、加齢に伴って重症低血糖の危険性が高くなることに十分注意する。

目標値に達したら、質の良いコントロールへ

 正常人は空腹時も食後も一日中血糖は100前後でほとんど変動はありません。平均値を指す HbA1c が同じでも変動の激しい人、変動の少ない人があります。変動の少ない人が血管の障害が少ないと考えられています。食後血糖・1.5AG値にて食事の前後の変動を把握して、変動幅の少ない、質の良いコントロールを目指して治療薬を再検討します。

なぜ目標値は HbA1c 7.0未満なのでしょうか?

HbA1cを低く保てば、眼や腎臓の合併症の進行を抑えられることができるのです。例えば、腎臓の合併症はHbA1c7.0を超えると急速に進行率が上昇します。よって進行を阻止するためには、HbA1c7.0未満にすることが大切なのです。

腎症の進行率

top